検索フォーム

free

記事は更新中。ブログは工事中。 お問い合わせ

Amazon

はてぶ

最新記事

最新コメント

記事ランク

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

カウンター

ランキング

Head Line


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見たくないと思いつつ見てしまう鬱なAA・コピペ

コピペ (from ''NARUTO -ナルト- 少年篇'')


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:13:31.49 ID:CDIOoy270

成人式の為に買ってもらったスーツを着て
かっこいいと言われ、何枚も写真を取られ
車で会場まで送ってもらい
「友達と飲むだろうけど、イッキなんてしたらいかんよ?
  遅くなるだろうから気をつけて帰ってらっしゃい」
そう言われた後一人で会場を一周し、中に入ることが出来ず
友達と飲みに行くことになっている手前、そのまま帰ることも出来ず
夜まで時間つぶすためにその足でスロット店へ行き
親からもらったお年玉を使い切るのに2時間も持たず
銀行から下ろした8万も消え
どうしようもなくなって、夕方頃に家に帰り
人が多すぎて友達と会えなかったと言う俺に
母さんは、じゃあ夕飯ちゃんとしたもの作らなきゃねと言い
俺は震えて声も出せないほど泣いた


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:17:43.64 ID:r2aCv33/0

>>1
こんな奴居ないだろ



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:14:43.79 ID:CDIOoy270

            l   i    i        i    i    l
   / ̄ヽ   昼l   ゝ  ノ        ゝ  ノゝ  ノ
   , o   ', 食ご l  i´   `i  _   i´ 講  `i   `l
   レ、ヮ __/  べはl  l     /  \ l  義  l   l
     / ヽ  よん.l       {@  @ i   が  l   l
   _/   l ヽ うを l       } し_  /   お
   しl   i i    l        > ⊃ <    わ
     l   ート   lヽ、    / l    ヽ     っ
 ̄ ̄¨¨'~~ ‐‐‐--─|  ヽ 、 / /l   丶 .l`\ た
____   __   |     (_/ |   } l`\|
    ||  |WC|  |  へ へ   ヽ、  l ! \||
    ||   ̄ ̄  |/   \ `ヽ、 ヽし! /|| ガタッ
    ||       |    / /     ヽ、||
  ◎||       |   / /        ヽ、
 ̄ ̄ ¨¨¨ー─‐‐--- ,,, __ ____
       ,, _    |        ̄¨¨` ー──---
モパ  /     `、   |    モパ   |:::::::::::::::
グク /       ヽ |    グク  /  ̄ ヽ:::::モパ
モパ./  ●    ●l |    モパ  l @  @ l:::グク
グク l  U  し  U l |   グク  } し_  /::::モパ
   l u  ___ u  l |     _  /=テ⊃ <_グク
    >u、 _` --' _Uィ l   ◎ー)/キ' ~    \ヽ
  /  0   ̄  uヽ |    |  | | i二二二i-'  ) ',
. /   u     0  ヽ|    ~~~ ~ l ヽ--┬ ' ./
 テ==tニト      |      / ̄/ ̄ ̄` ノ /
/ ̄) ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      |  |  |二二二)


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:15:51.46 ID:CDIOoy270

     _______                     __
    // ̄~`i ゝ                    `l |
    / /        ,______   ,_____    ________  | |  ____ TM
   | |     ___ // ̄ヽヽ // ̄ヽヽ (( ̄))   | | // ̄_>>
   \ヽ、   |l | |    | | | |    | |  ``( (.  .| | | | ~~
      `、二===-'  ` ===' '  ` ===' '  // ̄ヽヽ |__ゝ ヽ二=''
                         ヽヽ___//   日本
         ______________  __
         |幸せ                 | |検索|←をクリック!!
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄
         ◎ウェブ全体  〇日本語のページ


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:17:16.27 ID:GBteexTL0

こたえのないーまーいにちが
ただすぎてゆくーじーかんがー
これからさきーどーうなるのだろうー
わかーらーない


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:22:56.72 ID:KUqdPpbW0

>>5 ツキアカリノミチシルベ大好き


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:18:27.34 ID:yS1muckSO

長門似の女の子がDQNとどうたらってやつ


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:19:13.93 ID:CDIOoy270

>>8
ハメ撮りのやつか


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:21:28.19 ID:CDIOoy270

>>8
教室で涼宮ハルヒの憂鬱(初版、流行る前からもってた)を読んでたら
「なぁ、それハルヒじゃね?」と後ろの席のやつにいわれた。
ちょっと怖い煙草とかすってるやつだったから
「うん、ハルヒ。それの一巻」って説明したら
「○○って長門に似てるよな」とクラスの女子のことを指さした。
大人しくていつも読書している小柄で可愛いこだった。
たしかにそっくりだったし、長門にも彼女にも好意を抱いていたので最高の笑顔で「うん」と賛同したところ
おもむろに携帯で○○さんのハメ撮りを見せてくれました。

誰かハルヒのいる世界に連れて行ってください


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:19:09.26 ID:S4SQIb/K0

なんか機械音痴の母がデジカメを買った。

    ホラ。デジカメカッタノ
                カタカタ__,
J( 'ー`)し     ウルセーナ     |   |
 ( っ[l◎]        ( `Д) _|    |
 ||          (  つ | ̄ ̄ ̄|
    
どうやら嬉しいらしく、はしゃぎながらいろいろと写してた。


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:19:48.39 ID:S4SQIb/K0

「忙しいから説明書読め!」とつい怒鳴ってしまった。

 ・・・・。 忙しいから説明書読め!!!!
       つまらないものばかり__,
J( 'д`)し   写してるからだろ!!! |   |
 ( っ[l◎]         (Д´#) _|    |
 ||           (  つ | ̄ ̄ ̄|


さらに「つまらないものばかり写してるからだろ!」とも言ってしまった。


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:20:11.61 ID:r2aCv33/0

>>11
おいやめろ貼るな


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:20:35.35 ID:S4SQIb/K0

そしたら「・・・ごめんね」と一言。


 … ゴメンネ。
                カタカタ__,
J( '-`)し        ケッ       |   |
( っ[l◎]        (#`Д) _|    |
 ||          (  つ | ̄ ̄ ̄|


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:22:42.03 ID:S4SQIb/K0

そんな母が先日亡くなった。


   ________
   |     ___  |
   |  [|J( '-`)し|] .|  ('A`) カアチャン・・・   
   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | (  )
   | |         .|| ||
   | |         .||
   | |         .||
   | |         .||
   | |         .||
   | |______||
   |________.|
    


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:23:26.49 ID:CDIOoy270

               ハ        _
    ___         ?ヾ     ハ
  /     ヽ      ?::::|l    ?:||.
 / 聞 も  |     ||:::::::||    ||:::||
 |  き .う  |     |{:::::?.  . .||:::||
 |  た  ・   |     _」ゝ/'--―- 、|{::ノ!
 |  く  ・  |  /   __      `'〈
 |  な  ・  ! /´   /´        _ヽ
 ヽ い    / /     ゝ●ノ   /´ i ヽ
  ` ー―< {      U    ゝ● ′|
        厶-―    r  l>  U    |
      ∠ヽ ゝ-―     `r-ト、_,)      |
      レ^ヾ ヽ>' ̄     LL/  、   /
      .l   ヾ:ヽ ` 、_      \\ '
     l    ヾ:ヽ   ト`ー-r-;;y‐T^
      |    ヾ `ニニ「〈〉フ /?. j


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:25:12.48 ID:CDIOoy270

      ,  ────- 、
    /     /⌒ ヽ ⌒ヽ\
   /    , -|/ ・|・ \| 、 ヽ
  /   /    ` ─ ●ー ′ ヽヽ
 l    /  ──   |   ─  |   「いいかい?のび太くん、もっと現実見なよ
 |  /   ──   |   ─  |       もうキミだけだよ就職できてないの・・・
 |  l    ──   |   ─   l    あの中卒のジャイアンでさえホストに就職できたってのにキミときたら・・・
  l  |    / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ   /     毎日昼寝やオナニーしてる場合じゃないんだよ
  ヽ ヽ   (_____ノ /        面接で土下座や面接官の靴舐める覚悟がないとダメだよ?
    >━━━━━ O━━─( _ )      このままではキミは永久にニートだよ?それでもいいの?」
   /   /       ヽ  /


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:27:27.13 ID:CDIOoy270

入学したての頃、俺は初めて学食に行ってみたんだ。もちろん一人でね。
慣れない食券システムにに戸惑いつつも、
俺はウキウキした気分でハンバーグ定食を購入した。
定食を貰って、席に着こうとしたんだが、もうすでに満席。
一見空いているかに見える席も、DQNどもが荷物を置いて席取りしていた。
今考えたら混雑した昼時に学食に行ったのが、全ての間違いだったんだ…
俺は焦った。とりあえずどこか席が空くのを待ってみたが、一向に空かない。
明らかに食事を終えている奴らも、友人と会話をしていて席を立とうとしない。
俺はハンバーグ定食のお盆を持ったまま、その場に立ち尽くしてしまった。
どうしようもなくなって錯乱してしまった俺は、
近くの調味料や飲み物が置いてある台に、持っていたハンバーグ定食を置き、
その場で立ち食いを始めてしまったんだ。
俺のあまりに滑稽な姿に、周りの奴らが笑っているのに気づいた。
中には俺の姿を写メールで撮影し始めるDQNもいた。
俺は半泣きになりながらハンバーグ定食を急いで食べ終え、
逃げるようにその場を去った。
あれ以来2度と学食へは行っていない…


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:32:09.96 ID:CDIOoy270

それは高校2年のバレタインデーの朝だった。

  ジリリリリ‥
  .((\。/))       Zzz....
   (<:;V:>)     ('A`)         たけしー朝よ!
        /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ        起きなさい!
       /ハ ハ ̄Zzz...フ /
     / ('A`,,),,)~//
    (_____ _ノ


     ( 'A⊂ヽ             
    /    _ノ⌒⌒ヽ.    ハ ハ   
 ( ̄⊂人  //⌒   ノ    ('ワ`)
⊂ニニニニニニニニニニニニニ⊃ cuuo:)~  



母に言われていつものように玄関に新聞を取りに行った。

        _カチャ
   / ̄ ̄/ヽ Σ(A` )
   |___|/ヽ⊂   ) アレ?
     || \_/   || |
     ||     .(( )


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:32:33.20 ID:CDIOoy270

新聞・広告と一緒に綺麗に包装された小さな包みが入っていた。
付いていた手紙にはかわいいシールで封をし、「たけしくんへ」。
「まさか‥‥これは、ラブレター!?」

俺は急いで部屋へ戻り、生まれて初めてもらったラブレターを
緊張しながら開封した。
                         ,
   ┌─┐     ┏━━━┓      
   |2月|     ┃/|-|\┃                    
   |.゚∀゚|     ┃(OMO)┃      _.________
   └─┘     ┗━━━┛      ||        ||
       ⊂〓〓〓⊃          .||       .[||
      ____||____         ||        .||  
   /    /。。\ /.|         ||        .||
  /___   . ̄ ̄ ̄ /./         ||O       .||
 (__[;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ____/./          ||        .||
 |__[;;;;;;;;;;;;;;;;;|____|/ |           .||       [||
 | |::(_目___) |___| .|_______||______||
 | |:::/   ||  ...|___| ./.         
 |_|/ _皿_ |___|/        (*'∀`) ドキドキ
__  ̄ ̄ ̄         __(⊃ ⊂)____
  /|              |\  □/      \
  / |            ./\.\          \
 / |           /   \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
./  .|          \ハ ハ  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  /|        Zzz...(' _`,,),,/              \


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:33:07.69 ID:CDIOoy270

手紙には女性らしい綺麗な文字でこう書いてあった。

       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                 .|
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       / たけしがモテなくても /(~ヽr''')_/
     /  お母さんたけしが  / ヽ,/  /       . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     /  大好きだからね。  /  /   /                 . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
    /   ____J( 'ー`)し/  /   /            /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
   /             ./  /   /           / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 /             ./    /   /            / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /        ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:35:27.47 ID:CDIOoy270

|          J( 'ー`)し |
|               ( )   |          ( 'A`)
|       幸    | |   |       辛  ノ( ヘヘ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|               |
|               |
|         J( 'ー`)し  |
|            o一o   |          ( 'A`)
|         辛 〈 〈   .|       辛   ノ( ヘヘ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|                    |
|                    |
|                    | 'ー,`)し
|                    |o一o       ( 'A`)
|         辛         | U     辛   ノ( ヘヘ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|               |
|               |
|          J( 'ー`)し |
|             ( )  | ミ       Σ ('A` )
|       辛   | レ  |       幸  ノ( ヘヘ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|               |
|               |
|  ガンバルノヨ ドクチャン  |         ヽ(゚∀゚)ノ
|          J( 'ー`)し |            ( )
|         辛 ノ( ヘヘ.  |       幸    | |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:51:20.08 ID:XZFkhY2E0

>>26
いろいろ考えさせられた


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:37:19.31 ID:CDIOoy270

昨晩、電車内で隣に座った母親と娘(中3くらいかな)の会話。

母親:ナンバーズがあと1番違ったら当たってたんだけどねぇ。
あと3500円しかないよ。
明日の競艇負けちゃったら○○ちゃん(娘)にお小遣いあげられないね。
娘:うん・・・(虚ろな目)
母親:今からちょっとだけ新海(パチンコの機種)打ってこうか。
アンタ、500円玉2枚持ってない?
娘:持ってない(虚ろな目)
母親はギャンプル依存みたいな感じでした。
見た目はDQNではなく、小汚い感じ。娘が終始虚ろなのが非常に印象的でした。


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:40:47.77 ID:CDIOoy270

あるラーメン店
そこは行列のできる人気店として営業を続けていた
しかしそこのラーメンは・・・
化学調味料たっぷりのスープに豚の脂が一センチも膜をはって浮いている
さらに冬場でもさほど湯気が立たない
湯気は脂の膜が包んでしまうので立ちにくくなっているわけだ
常連の客はにんにくや胡椒を鼻がまがるほどぶちこみ汗をだらだら垂らして飲み込んでいく
主人のおじさんは顔色の悪くなった常連客と並んで記念写真を撮る事がある
画鋲止めにされたポラロイド写真は既に五十枚以上はあった
「みんな死んじまった」
おじさんは真新しい写真を指さした
「この人は肝臓ぶっこわしてついこないだおだぶつだ
こっちの人は入院してるが病院抜け出してウチに食いに来てるからもうじきだろうな
ウチみてえな高カロリー 高蛋白 食塩過多 化学調味料過多のラーメンを
週に四回も五回も食ってみろ 尻からラードが出るぜ
脂肪肝だって診断されたり 身体に蕁麻疹が出たり
それでも懲りずに食いに来続ける奴は写真に残す事にしている
これだって全部じゃない 俺の知らねえとこで死んじまってる奴もたくさんいるわけだ」
おじさんはさらに続けた
「それでもな この辺じゃこういう味じゃないと商売にならねえんだ
手間隙かけていいもん作っても味にヒステリーがないと売れない
身体に良くて美味いものを目指したこともあったが それじゃ店がつぶれちまう
結局 毒じゃなきゃ美味いって言われないんだ 憶えてももらえないんだよな
変な連中だよまったく 銭払ってまで毒食いたがるんだから」
おじさんは指に挟んでいた煙草を床に捨て最後に呟いた
「外食してもラーメンだけはよせよ」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:43:05.72 ID:CDIOoy270

3年前の話。
当時、金融屋をやっていたんだけど<裏金>その年の夏。
いつものように追い込みかけに行ったら、親はとっくに消えていたんだけど
子供が2人置いてかれてた。
5歳と3歳。<上は男の子、下は女の子
俺はまだペーペーで、周りの兄さんらと違って顔も怖くなかったらしく
家に行ったときすぐに下の子になつかれた。
ボロボロの服で風呂にも入ってなくて、「いつから親はいないんだ?」って
聞いても答えない。
「何食ってたんだ?」って聞いたら、上の子は下をむいて泣いた。
下の子が「こっち」って手を引いて裏庭に俺をつれていった。
破れた金網を通ってでたところは、小学校の裏庭だった。
「あのね、みーちゃんこれ食べたの」って池を指す。
嫌な予感がした。
だってさ、その池って金魚がウヨウヨ泳いでるんだよ・・・。
2人を抱きかかえて家に戻ると、テーブルに小さいボウルと茶碗。
「お前ら・・・金魚食ってたのか・・・」って聞いたら「・・・うん」
すっげーやるせなくて涙がでて、俺もその場にいた兄さんらも泣いた。
すぐに兄さんがたくさん食べ物と洋服を買ってきた。
近くの銭湯で体を洗ってやった。
その後、俺らじゃどうしようもないから施設に連絡をいれた。
連れていかれる時に「お兄ちゃんありがとう」っていってた。
・・・全然ありがとうじゃねーよ・・・俺たちがお前らの親を追いつめたのに。
俺を含めて何人かは、この後仕事を抜けた。


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 22:03:48.02 ID:lBONuEHg0

>>31
うおおお…


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:43:59.87 ID:CDIOoy270

小さいころ新聞に折り込まれた広告を見ると近所に出来た電気屋さんの開店セールのチラシが入っていた。
そのチラシには「開店記念、ホットプレートで作った焼きそばを無料配布」の文字が!
焼きそばが大好きだった俺は、タダで焼きそばか食べられるのかとワクワクしながら弟を一緒に電気屋の前まで行ったが電気屋の近くまで来た時に目にした光景は
閑散とした客が誰一人としていない店頭で一生懸命呼び込みをしながら焼きそばを小さなホットプレートで焼きつづける電気店主夫婦・・・
子供の目にもあまりにも寂しい雰囲気だったので「焼きそば下さい」と店の前まで行く勇気が湧かず弟と一緒に遠巻きに電気屋を見て、そのままそそくさと帰宅した。
それから月日は経ち電気屋は無くなった。


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:45:58.68 ID:r2aCv33/0

             /ヽ       /ヽ
            /  ヽ      /  ヽ
  ______ /     ヽ__/     ヽ
  | ____ /           :::::::::::::::\
  | |       //       \  :::::::::::::::|
  | |       |  ●      ●    ::::::::::::::| このスレ辛い・・・
  | |      .|             :::::::::::::|
  | |       |   (__人__丿  .....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ      .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄       :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |            :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___       ::::::::::::::::::::::::|


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:52:30.54 ID:S4SQIb/K0

「沖縄に行かない?」いきなり母が電話で聞いてきた。
当時、大学三年生で就活で大変な頃だった。
「忙しいから駄目」と言ったのだが母はなかなか諦めない。
「どうしても駄目?」「今大事な時期だから。就職決まったらね」
「そう・・・」母は残念そうに電話を切った。
急になんだろうと思ったが気にしないでおいた。
それから半年後に母が死んだ。癌だった。
医者からは余命半年と言われてたらしい。
医者や親戚には息子が今大事な時期で、心配するから連絡しないでくれと念を押していたらしい。
父母俺と三人家族で中学の頃、父が交通事故で死に、パートをして大学まで行かせてくれた母。
沖縄に行きたいというのは今まで俺のためだけに生きてきた母の
最初で最後のワガママだった。
叔母から母が病院で最後まで持っていた小学生の頃の自分の絵日記を渡された。
パラパラとめくると写真が挟んであるページがあった。
絵日記には「今日は沖縄に遊びにきた。海がきれいで雲がきれいですごく楽しい。
ずっと遊んでいたら旅館に帰ってから全身がやけてむちゃくちゃ痛かった。」
・・・というような事が書いてあった。すっかり忘れていた記憶を思い出す事が出来た。
自分は大きくなったらお金を貯めて父母を沖縄に連れていってあげる。というようなことを
この旅行の後、言ったと思う。母はそれをずっと覚えていたのだ。
そして挟んである写真には自分を真ん中に砂浜での三人が楽しそうに映っていた。







自分は母が電話をしてきた時、どうして母の唯一のワガママを聞いてやれなかったのか。
もう恩返しする事が出来ない・・・
涙がぶわっと溢れてきて止められなかった。


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 21:53:14.01 ID:LvJMLEdHO

ごはんパクパク食いながら泣いてるやつ好きだったな…


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 22:16:22.50 ID:CDIOoy270

部屋を掃除していたら古いHDD(PATA 13G)が出てきたで数年前になんかの機会に
買ったUSB接続のケーブルにつないでUSBストレージとしてPCに接続してみた。

中から出てきたのは、14年前に死んだ妹のデータだった。

そういえば10年以上前、なけなしの小遣いで買ったスキャナで家族で撮った写真を
片っ端からスキャンして取り込んだっけ。思い出が劣化しないように。
妹が俺の中から消えてしまわないように。

お前を治すために医者になるよって言った俺は医者どころかいまだに無職で
結局お前との約束は何も果たせていないな。
でもな美穂、今度兄ちゃん結婚することになったんだ。相手はフィリピン人だけど
すごく綺麗でいい人だ。当然婚前交渉はしていない。当然清い関係だ。
今、現地で式をあげるために300万渡して先に帰国させて日本にはいないけど
今度帰ってきた時はお前の墓前で報告するよ。きっとお前も気に入ってくれると思う


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/01(木) 22:17:35.51 ID:CDIOoy270

とある日の春、僕に好きな女の子が出来た。
その子は私の家に来てと言ってきた。
だけど緊張して行けなかった。
だがその女の子は毎週言ってきた。
4週間目に僕は女の子の家に行こうと決断した。
でも行き方が分からない
女の子はすぐそばにいる、場所も分かってる。
でも行けない・・・何でだろう
ある日突・・・然彼女を見なくなった。
探したが見つからない。
また来るだろうと僕は待ち続けた。
そして2年後の冬また彼女が戻って来た。とても嬉しくて涙が出てきた。
また私の家に来てと言ってきた。「僕は貴方の家はどこですか?」と聞いた。
でも答えてくれない。そんな日々が続いてまた彼女が消えた。悲しかった。
ある日僕は気が付いた・・・
彼女は画面の中に居たんだ。

終わり


文は一行目から書かなくていい - 検索、コピペ時代の文章術
藤原 智美(ふじわら ともみ)
プレジデント社
売り上げランキング: 7888


おすすめ記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kiradash.blog88.fc2.com/tb.php/116-677be992

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。